京都 金銀糸 創業明治三十年 寺島保太良商店



「知恵の経営」とは

 知的財産権やノウハウ、人材、技術力など目に見えない企業の強みである知的資産を「知恵」と位置づけられています。
 この「知恵」を認識し、活用することで持続的な利益確保を目指す経営を「知恵の経営」と呼びます。

 このたびの「知恵の経営実践モデル企業」の認証は、京都府中小企業応援条例に基いた「知恵の経営報告書」の作成提出に対する行政認証制度です。

 「知恵の経営報告書」は知恵の経営に関するレポートであり
   ○企業の「強み(知恵)」の本質の確認
   ○企業にとって新たな「知恵」の発見
   ○知恵の「見える化(可視化)」
   ○経営戦略の再構築
 以上を企業の将来へ向けての価値創造のプロセス”サクセスストーリー"をレポートとしてまとめるものです。

 今回、認証を受けるにあたって「知恵の経営報告書」を作成するために、たくさんの方々のご助力をいただきました。
 ご協力を賜りました皆様に深く感謝を申し上げます。

 明治三十年創業以来の弊社の取り組みの「たな卸し」を行なうこと、今後の弊社の取り組みについて「新しい発見」をすること、金銀糸をもっとたくさんの方々に知っていただく活動の一環とすること。
 この3点を目標として取り組みました。

 認証をいただいたことを大きな「きっかけ」として、今後も長年培ってきた弊社の「知恵」を活かして、金銀糸を通じて皆様にお役立ちできる存在であり続けたいと思っております。

弊社の知恵の経営報告書 へのリンク

京都府 「知恵の経営のススメ」

社団法人京都発明協会 京都府知的財産総合サポートセンター

トップページに戻る